独り言

本当に独り言です

健康的な生活の巻

そろそろやばい気がしてきた。

 

なんやかんやで緊急事態宣言が発令されて、さらにどうやら5月6日まで続くらしい。

今から約1ヶ月間、今のような怠惰な生活を送っていては、それはもう人間というのはとことん駄目になってしまう生き物であって、社会復帰はおろか、まともでない生活の沼にはまってしまって、家族からも疎まれるようにすら、なりえてしまうのだ。

 

ただでさえ、最近の私の生活といえば、昼過ぎの日も傾いてきた頃になってようやく布団を抜け出し、遅すぎる朝食を摂ったかと思いきや、また布団に戻って意味もなくネットサーフィンをし、Twitterを閉じてはInstagramを開き、Instagramを閉じてはTwitterを開きを繰り返し、夕食を食べて父親の酒を分けてもらって1〜2杯程度嗜んで、ほろ酔い状態でまた布団に入っては夜が明けるのをひたすら待っているような、到底人様には見せられもしない、哀れなものである。

 

そんな堕落の甘い蜜に誘われてこれ以上生活していてはいけないと、ここで奮起しておかなければ、私はもう二度と日の目を見ることのない人間になってしまうし、それは果たして人間と言えるのか、人間という形を借りた何か別のものになってしまうのではないか、という些細な不安が頭をよぎり、ここにこうして、どうにか健康的な生活を送れないかという気概だけでも示しておこうというつもりなのである。

 

これからの1ヶ月、何をしても1ヶ月だが、どうせなら何もしないより何かした方がいい。

自分の周りのコンテンツを見直して、ここから何かを取り込めないだろうかと模索することが必要だろうし、それ以前に、まず社会に生きる人間の1人として、朝起きて夜寝るという非常に真っ当な、人々の心に深く根ざしている正しい生活のあり方というものに、自身を適応させねばならぬと、そう思うわけである。

 

だから私は、とりあえずこの1ヶ月、早寝早起きなり何かしら勉強なり運動なり、そういう努力というものに体を慣らす訓練をする。

 

今日は早く寝よう。

そして、明日は早く起きよう。