独り言

本当に独り言です

日常の巻

本当に日常が帰ってきた。

 

買い物のために隣町まで自転車をこいだ。

久しぶりに街に触れた。

 

道に踏み潰された木苺が落ちている。

もうそんな季節なんだ。

桜が散ってからの時間の経過がよくわかっていないから、少し戸惑う。

 

道端で大きな蝶とすれ違う。

アメンボが水辺を駆ける。

つばめが宙を舞う。

それぞれの一瞬に心がときめいて、嬉しくてつい鼻歌を歌ってしまった。

 

忙しい時の流れから解放されて、好きなスピードで自転車をこぐ。

急ぐ必要はどこにもない。

むしろゆったりと、余裕を持って、街中を駆け巡る。

 

曖昧な記憶を辿って、交通ルールを思い出す。

自転車は車道を左側通行。

信号もちゃんと守る。

 

あれほど忙しなかった日常が、遠い昔のことのように思える。

あの頃は、何を急いでいたんだろう。

何に追われて、生きていたんだろう。

 

風が、自転車を追い抜いていく。

僕は、街の中に生きている。