独り言

本当に独り言です

メルカリの巻

メルカリを始めた。 私物を売るためではない。卒論に使う本を買うためである。 本当は、できることなら普通の本屋で買いたかったし、Amazonで買いたかったし、ブックオフで買いたかった。 それは、なんとなくメルカリを信用していなかったからである。正確に…

交信の巻

窓を開けるとすぐそこに、友人の家の窓が見える。 タッチの2人(3人と言うべきかもしれない)程の距離ではないが、限りなく近くに友人宅がある。 声が届くような距離ではないが、スマホのライトをつけて振ると互いに交信することができる。 なんだかロミオとジ…

名月の巻

音楽を聴きながら窓の外を眺めると、雲の間から月がゆっくりと顔を出した。 いつもと同じ満月も、名前を与えられた途端、別格であるかのように見える。実に単純である。 柵越しに見た名月は、いつもより少し遠くにあるように見えた。小さくて、凛々しい。 親…

引きこもりの巻

朝から晩までYouTubeでゲーム実況を見て一日が終わる。 限りなくニートに近い生活だが、これもあくまで資料集めの一環である。 一日ずっとパソコンの画面を眺めているのも中々にしんどい。 そして、ずっと椅子に座っているのもしんどい。 引きこもるのにも才…

夏休みの巻

夏休み最終日。 朝から地元のパン屋に並ぶ。 台風一過の空の下。 眩しい日差しに体が軋む。 ほくほくのパンを片手に通りを歩く。 揺れる木漏れ日。 近所の公園のベンチに腰掛け、袋を開けるとパンの柔らかい匂いが広がる。 焼きたてのパン。サクサクで、カリ…

遠足前夜の巻

何日も前から、同じ店のホームページを何度も見返している。 近所で評判のパン屋。明日、朝イチで行く場所である。 こういう買い物をする時、私はいくつになっても遠足に行く小学生の気持ちに戻ってしまう。 大事なのはバナナがおやつに入るかどうかではない…

休載の巻

今日はお休みにします。 皆様に台風の被害がないことを願って。 今日の1曲 LiSA 『HADASHi NO STEP』 -MUSiC CLiP- - YouTube

苦悩の巻

悩み続けることは、苦痛だ。 それはひとつに答えが出ないことへの不安が原因にある。 しかし、それよりも苦痛なのは、悩んでいる間は何もしていないと思われることである。 こちらだって真剣に悩んでいるし、その解決に向けて全力で努力はしている。 ただ、…

リピートの巻

アイデアの在庫が切れているから、何を考えるのも上手くいかない。 それをごまかすためにふらっと散歩に行ったところで、何か成果が得られるわけでもなく、ただぼーっとして秋風が気持ちいなぁと思うくらいである。なんて無責任な。 知らぬ間に虫に刺された…

履修登録の巻

履修登録が不安でたまらない。 あと1週間で秋学期が始まる。そしてその前に大切なのは、履修登録をすることである。何事にもまずこれをしなければ、学費を払っていても授業を受けることができない。 ただ、私も大学4年になる。そんなことは十分理解している…

エラーコードの巻

髪を切った。 このことは今から書く内容には1ミリも関係ないが、こういうことを書いておくと、見返した時に最後に髪を切った時期が思い出せるので、自分のために書いておく。圧倒的利己的文章。 話は変わり、昨日の続き。なぜ私は初対面の人と会うのが苦手な…

苦手の巻

この前ふと考えたこと。 どうして私は初めて会う人、初めて行く場所が苦手なのか。何がそれらを苦手にさせているのか。 何となく苦手だとは思っていたが、その原因は考えたことがなかった。 なぜなら、それらはだいたい「人見知りだから」という性格的な面で…

眠れないの巻

何か理由があった訳でもないのに、徹夜をしてしまった。 習いごとから帰ってきたのが23時30分。 それから昨日のブログを書いて、習いごとの片付けが終わったのが2時。 風呂に入って寝る準備を整えたのが3時。 そこからルーティン化しているYouTubeの周回を済…

どんぐりの巻

家の前でどんぐりを拾ったので、散歩に連れていくことにした。 家の前にぽつんとひとり。 細くて長いどんぐりを拾って右手で握りしめる。 小さな誘拐事件。 近くの小川に沿って歩く。 川を見るのは初めてかと問えば、初めてだと言うので、少しばかり川を見せ…

モチベの管理の巻

モチベーションを管理するのは難しい。 維持するのも難しいが、管理するのも難しいのだ。 やりたいことと、やらなきゃいけないことがある。 やらなきゃいけないとは言っても、別にやりたくないことではない。自由意志で、やってもやらなくてもどちらでもいい…

選択の巻

同じような音声を何度も繰り返し聞いていると、だんだん精神がおかしくなってくる。 Aでいこうか、Bでいこうか、Cでいこうか。 ほとんど差のないものに差を見つけるのが、今の仕事だ。 決定権は自分にある。 だからこそ、余計に悩む。 他人がやったことであ…

休養の巻

えっ? 朝から1日フルで活動して家帰ってきたらもうフラフラなんだが? 久しぶりに風呂で寝たのだが、「風呂で寝るのは寝ているんじゃなくて失神」っていうのがよく分かるような寝方(?)だった。マジで一瞬死ぬかと思ったので、寝るのは布団の上にしておきま…

休載の巻

明日までに仕上げたいものがあるので、今日はお休みにします。 といっても作業時間はあと2時間くらいしかありません。多分終わりません。でも頑張ります。頑張らざるを得ない。 それでは、また明日。 今日の1曲 東京セプテンバー - YouTube

閉幕の巻

パラリンピックも閉会式を終え、東京大会は終了した。 ここ1ヶ月くらい、テレビをつけるとだいたいどこかで世界最高峰のプレーが映されていた。今まで全く見たこともない・やったこともない競技もたくさんあったが、それでも十分すぎるくらい各選手の強さが…

今日の1曲(?)の巻

今日の1曲 Fujii Kaze "Free" Live 2021 at NISSAN stadium - YouTube 全人類はこれを見てくれ

成績発表の巻

春学期の成績が出た。 結果はフル単。これによって必要単位分は履修が終了したので、単位数的には卒業できることになった。 正直、今回は普段の提出課題で成績が決まるものが多く、どれだけ高い成績が取れるか不安な部分は多かった。そして、実際それによっ…

お笑いポイントの巻

自分の中で、笑うポイントが少しずつ分かってきたような気がするので、ここで一度まとめてみる。 私が笑うかどうかを左右する条件は、今のところ大きく2つあると思われる。 ひとつは、主観でいられるかどうか。 もうひとつは、予想を外してくるかどうか、で…

夏の背中の巻

突然終わりを迎えた夏に、驚きを隠せないでいる。 風呂上がり、火照った体を冷ましに夜風にあたろうとした時、私は妙な涼しさを覚えた。 それまでであれば、風呂を出ても暫くは汗が止まらず、まともに服を着られる状態になるまで20分ほどを費やしていた。鼻…

推しと新譜の巻

私は少々、アイドルのファンというものを見くびっていたのかもしれない。 その日、私は初めて秋葉原の電気街を訪れた。 目的はただ1つ、現在絶賛どハマり中の声優アーティストユニット「DIALOGUE+」の1stアルバム『DIALOGUE+1』を手に入れることであった。…

腹の中の巻

数日前から、何故か腹を下している。 原因はわからない。単に冷房にあたりすぎただけかもしれないし、未知のウイルスかもしれない。元々お腹が弱いこともあって、理由をつけようと思えば無限に見つかりそうだ。 症状もお腹がゆるい以外は特にないため、判断…

面倒の巻

最近、段々色々なものを面倒くさく感じるようになってきているという感覚がある。 例えば、卒論。 夏休みに入った時はめちゃめちゃやる気だったのに、なんだかんだここ2週間くらい全く手をつけていない。卒論が面倒くさいというより、卒論に手をつけるのが面…

かばんの中身の巻

出かけることが少なくなった今、新たな心配事が生まれた。 かばんの中身問題である。 2年前までは、毎日のように出かけることが当たり前であったため、大体いつも何を持っているか、必要なものは何か、というものが体に染みついていた。 しかし、出かけるこ…

新品の巻

長年使っていた筆を、新しくすることにした。 もう何年使っていたのかもわからない。 少なくとも3年は使っているはずだが、それも定かではない。 使い古した筆は、先が痩せこけて短くなってしまっていた。筆の腹はすっかり硬くなり、短くて硬い毛がぴょんと…

ギャラリーの巻

後輩の美術展を見に、自転車を走らせること1時間。 着いた先は、古ぼけたビル。 雰囲気のある建物に怯えながらも、ゆっくりと階段を上がると、目の前に目当てのギャラリーがあった。 ビルの外見とは似ても似つかない、白を基調としたその部屋には、大小30ほ…

パラ卓球の巻

パラリンピック1日目。 1日家にいた私は、ずっとテレビの前にいた。 今日だけで見たのは5競技。 車いすバスケットボール、車いすラグビー、ゴールボール、自転車、卓球である。 どの競技も面白かったが、1番面白かったのが卓球である。 選手の障害の度合いご…