独り言

本当に独り言です

ゴミ箱の巻

サークルの合宿でちょうどよく酔っ払って、 次の日の朝起きたら同期に、 「あなたも人間だったんだね」って言われて、 「どういうこと?」って聞き返したら、 「あなたはあなただと思ってたから、人間らしい部分もあるんだなぁって思って」って言われた。 そ…

大人の階段の巻

久しぶりに中高の友人と約束をして飲みに行った。 サークルの人以外と飲むのは初めてだったから、 思ったより楽しかったし、 自然と酒も進んだ。 お腹も満たされて、 精神も満たされて、 この感覚が、 このまま続けばいいのにって願った。 嫌な年齢になって…

残暑の巻

久しぶりの青空の下は時に残酷で、 見上げる度に、 英気を吸い取られてしまうような気がする。 秋になったと思っていたのに、 いつの間にか夏に逆戻り。 本当は秋なんてまだ来てなくて、 ずっと夏だったんだろうけど。 私の秋は今頃うろこ雲の上で、 映りも…

電池切れの巻

2日連続で更新遅れたの初めてな気がする。 はいすみませんでした。 昨日の夜も書こうと思っていたのに、 やること終わって日付が変わった段階で身体が動かなくて、 ベッドの上で起き上がれずに、 そのまま寝てしまった。 電池が切れてしまったように、 携帯…

絶起の巻

そりゃ合宿最終日に飲み明かしてたら、 こんな時間に起きるよなって感じだ。 昨日の10時に家族と食事して家に帰ってきて、 LINEを返信している途中からの記憶がないし、 現にそこで寝落ちしたんだろう。 帰りの電車も2回寝過ごしてるし、 なんだかんだ疲労は…

夜長の巻

長い間考えごとをすると、 頭が痛くなったり、 熱が出たりする。 目を開けるのが億劫になって、 耳から入る音がこもって聞こえる。 頭が疲れているのはわかっている。 けど考えるのが仕事だから、 ここで投げ出すわけにはいかない。 自分自身を鼓舞して生き…

酩酊の巻

空腹の身体に酒をぶち込んだら、 思ったより早く酔いが回って気持ち悪いです。 早く寝た方がいいのを理解しつつ、 頑張って起きようと思います。 では。

合宿の巻

サークルの合宿に来ました。 免許合宿中はやることが決まっていたので、 サークルの特に予定のない時間の潰し方に悩まされています。 いややることあるからそれやれって話なんだけどな。 やることはやりつつ、 合宿を楽しまないともったいないので、 上手く…

面黒いの巻

空がくすんだ灰色に見えるのは気のせいなのか。 ただ雲が空を覆っているだけなのか。 最近突然雷雨になることが多い気がする。 全然穏やかでない。 面白いってなんだろう。 毎回考えごとをすると、 この問にたどり着く。 面白いってなんだ? 世の中には面黒…

夜型の巻

免許合宿中は、 11時に寝て6時に起きるとかいう、 くそ健康な生活を送っていたので、 日付が変わる前なのに既に眠いです。 このブログも、 一日の終わりに書いていたので、 眠くなったが最後、 恐ろしいくらい筆が進みません。 生活的には早寝早起きの方が健…

卒検の巻

ただ車を運転してホテルに戻るだけの生活で疲労困憊になっている私に、 果たして運転する資格はあるのでしょうか。 明日は5時起き。 その後いよいよ卒検です。 さすがにこれは落ちられないので、 なんとか合格できるように頑張ります。 ダメだ。 目がしょぼ…

雨音の巻

窓に当たる雨音が、 次第に大きく激しくなっている。 この大きな台風も、 明日の朝にはきっとどこかに行ってしまっていると信じたい。 明日は最後の路上教習。 それが終わればいよいよ卒業検定。 天気のせいで延泊なんてしたくない。 ねぇ、 今から晴れてよ。

瞼の巻

瞼が重い。 眠いというより瞼が重いと言った方が正しいだろう。 それほどに私が疲れているのか。 ブルーライトを浴びると眠れなくなると言うが、 ここ数日は携帯を開くことすら億劫になるくらい眠い。 睡魔には勝てない。 瞼の重さには勝てない。では、おや…

移転の巻

今日からホテルが移動になった。 新しいホテルは陸の孤島みたいなところにあるけれど、 恐ろしいくらい漫画コーナーが充実しているみたいだ。 暇な時間があれば読み漁りたいものだが、 そうは問屋が卸さないらしい。 明日は高速教習。 時速100km、 かまして…

睡魔の巻

最近眠くなるのが早いのは、 毎朝早起きしているからなのだろうか。 それとも運転で、 意外と疲れているからなのだろうか。 理由はわからない。 夏休みに入った頃は、 朝の3時くらいまで起きているのも当たり前のような生活をしていたのに、 今は日付が変わ…

天気の巻

天気の子を見た。 モラトリアムの自我の葛藤を表現することに理解はできるが、 私はどうも新海監督のその表現があまり好きではないようである。 なんというか、 眩しすぎるというか、 単純というか。 今の世界をどこか妬んでいるような気配だけ出していて、 …

大富豪の巻

路上教習が始まりましたが、 情報量が多すぎてめっちゃしんどいです。 早く慣れたいなぁ。 合宿生の間では大富豪が流行ってます。 みんな夜な夜な大富豪をしに私の集まってきます。 正直早く寝たい() では。

思考力の巻

だいぶ前にも話した気がするが、 私は基本的に人を嫌いになっていく傾向がある。 一緒にいる時間が長ければ長いほど、 その人を嫌いになっていってしまう。 嫌いになるペースは人それぞれだから、 ずっといてもほとんど嫌いにならない人もいるし、 少しだけ…

心労の巻

合宿中に1日休みがとれたので、 スケジュールが一緒だった3人で、 海を見に行きました。 詳しく語るのは今は少しめんどくさいので省きますが、 教習所で知り合ってたかだか1週間しか経ってない子と、 1日旅行に行くのはめちゃめちゃしんどかったです。 妙に…

報告の巻

昨夜は寝落ちしてしまったので、 この時間ではありますが、 ひとつご報告させていただきます。 仮免許試験合格しました。 明日から路上教習頑張ります。

行き止まりの巻

書こうと思っていたことはあったのですが、 今日はそれを書くのに相応しい気分ではないので、 書くのは止めておこうと思います。 明日は1日暇なので、 少しだけ観光しに行くみたいです。 楽しめるんかな。 では。

続・読書の巻

このブログは前回(読書の巻)の続きからになっているので、 もし読んでいなければ読んできてほしい。 その方が何かと私に好都合になりそうだ。 さて、 昨日の私は物語のことを毛糸の手編みセーターと例え、 読書のことをセーターを着ることと表現した。 だが…

読書の巻

久しぶりに本を読んだ気がする。 借りていた本の存在を思い出したのは、 夏休みに入ってしばらくした頃であり、 普段そういう類の忘れ物はしたことがなかったので、 少し動揺した。 まぁ借りている手前、 いつかは返さなければならない。 返す時になって、 …

視力検査の巻

効果測定を1日で7回も受けたので、 問題の前半を読めばなんとなくマルバツがわかるようになってきてしまいました。 ここまで来るとほぼ視力検査です。 果たしてこれは練習になっているのでしょうか。 とりあえず学科は一通り終わったので、 明日と明後日は技…

効果測定の巻

免許合宿が暇だと私に唆した人は、 怒らないので正直に手を挙げなさい。 合宿始まって早3日。 恐ろしいくらい暇がないぞ。 空いた時間は全部、 効果測定、効果測定、効果測定。 朝から晩まで効果測定。 あの50問のテスト、 1回10分で解いたら早すぎるって注…

日誌の巻

免許センターに交通事故件数を血液型でランキングにしたものがあったので、 興味本位で覗いてみたら、 日本の血液型の割合と順位が全く一緒だったのがちょっと面白かったです。 なんじゃそりゃ。 ここ2日間お世話になっていた教官が、 明日はお休みだそうで…

運転席の巻

初めて運転席に乗りました。 助手席の感覚と運転席の感覚は全然違ったし、 今まで遅く感じていた速度がめちゃめちゃ速いです。 でも慣れてくると全然速くなくて、 むしろ他の車が遅く見えます。 慣れとは恐ろしいものです。 1日バタバタしてて技能の復習すら…

前日の巻

なにか特別なことをやる日の前日というのは、 いつも決まって不安に襲われる日である。 準備をしている最中からずっと、 こんなことが起きるんじゃないか、 あんなことが起きたらどうしよう、 これも必要かな、 あれも必要かな、 でもそんなに持ってけないな…

恋の巻

何故かサークルの会室に、 松岡和子訳の『ロミオとジュリエット』が置いてあったので、 知っている部分だけ掻い摘んで読んでみた。 と言ってもミーハーな私の知るところなどたかが知れていて、 バルコニーに佇むジュリエットと、 庭に忍び込んだロミオの一幕…

川の巻

物心ついた時には、 生活のすぐ側に川があった。 家のベランダから大きな川が見えて、 その川はそのまま海へと繋がっていた。 自分の中でなにかあった時は、 ひとりで川を見に行って、 水面の近くに腰掛けて、 ただひたすらに静かな水面を眺めていた。 川は…